2018年9月議会一般質問

  • 2018.10.31 Wednesday
  • 23:18

認知症初期集中支援推進事業」

           を多くの市民へ普及を!

 

 認知症初期集中支援推進事業は「専門職が家庭訪問し、認知症診断

等を行い、早期治療や早期支援につなげる」嬉しい事業です。多くの

市民に普及して欲しい。

 

≪荒原≫ 

認知症かな?」と思っても自分から進んで受診しようとなかなか

思わない。家族を認知症ではないかと思っても説得して病院に連れ

て行くまでに至らないというのが現状です。

 認知症初期集中支援チームは、専門家が家庭訪問し、早期診断と

対策を支援する市民にとって嬉しい事業です。

 構成メンバーについて伺います。

 

≪健康福祉部長≫

   認知症初期集中支援推進事業は、国の地域支援事業実施要項に

よる認知症総合支援事業の一つとして「認知症初期集中支援チーム」

を設置し早期診断、早期対応に向けた支援体制です。

   〇対象者は原則40歳以上

   〇在宅で生活

   〇継続的な医療や介護サービスを受けていない方。

   〇窓口は、高齢者相談センター。家族や地域の方から「認知症が

  疑われる」と相談を受けた際、状況を把握し、支援が必要と判断

  した場合に、初期 集中支援チームにつなげる。

 

 ≪荒原≫

 構成メンバーと支援内容、実績について伺います。

 

 ≪健康福祉部長≫

   構成メンバーは、国の要綱で「認知症サポート医養成研修」を終了した

 「認知症サポート医」1名及び、医療・保健・福祉に関する専門の資格

 を有し、認知症ケアや在宅ケアの実務・相談業務に携 わったことがあり、

 国が定める「認知症初期集中チ ーム員研修」を受講した者で構成する。

    習志野市は、認知症サポート医と看護師、理学療法士または作業療法士、

  社会福祉士または介護福祉士の4名でチームを組んで支援にあたっている。

  支援内容は、初回家庭訪問を実施し、支援方針を決め、適切な医療機関

   への受診、介護保険サービスの利用。安定的な支援につなげた。

 (概むね6か月)

 

 ≪荒原

   昨年からスタートした新しい事業です。認知症は、早い時期に対応し、

   悪化させないことが大切です。市として、多くの市民にお知らせし、

   普及して欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年9月議会報告

  • 2018.10.26 Friday
  • 22:46

 

   小中学校の普通教室2019年6月末までにエアコンの設置を!

 

  今年は、記録的な猛暑が続き、エアコンの設置は、全国で広がり、千葉県の各自治体でもエアコン設置の検討がなされました。習志野市でも全地域で「小中学校の普通教室にエアコン設置」を求める市民の要望が高まっています。

 

多くの市民は、来年の夏までの設置を強く要望

 6月議会では、市民から提出されたエアコン設置を求める請願が、市長与党の反対で否決されました。この時に反対した議員へ保護者や市民から抗議が多数寄せられ、市役所にも約100件の電話やメールがありました。

 子どもたちは、お祭りなどで出会った市長に「エアコンをつけてください」と直接お願いしていました。

 保護者からは「我が子が家に着くとグッタリしているので、熱中症にかからないようにすぐ体を冷やして休ませた」と心配と不安の声が多く聞かれました。

 市民は「いまどき教室にエアコンがないのですか?」と驚いています。

 “学校の普通教室にエアコンを設置させる会”によると2019年6月末までにエアコンの設置を完了していただくよう求める署名が、3週間で4312筆も集まり、宮本市長に提出されました。

 

9月議会は、エアコン設置で白熱

 9月議会には、習志野市八千代市教職員組合が「習志野市の小学校・中学校の各教室にエアコンを設置することの請願」、学校の普通教室にエアコンを設置させる会が「小中学校の普通教室すべてにエアコンの設置を求めることに関する陳情」を提出しました。

 9月議会では、6月議会の請願に反対した議員が賛成へと態度を改め、普通教室にエアコンの設置を求める立場で、一般質問が反対した議員も含め8名からありました。日本共産党の荒原ちえみ議員は、一般質問で2019年6月までの設置を強く求めました。

また、発議案で「小中学校の普通教室にエアコンを設置するために国の財政措置を緊急に求める意見書」を提案。全会一致で可決されました。エアコン設置を求める請願、陳情、発議案は全て、全会一致で可決されました。

 

市民の力と議会の論戦

 宮本市長は、9月6日には「遅くとも2020年、再来年の夏までにエアコン設置をする」と言っていましたが、市民の請願・陳情と議員の一般質問、討論、意見書を受け、3週間後の9月28日の閉会あいさつで「来年6月末までの設置を目指し、教育委員会と協議する」と言わざるを得なくなりました。市民から、議員からエアコン設置を求められ市長はエアコン設置を決意しました。市民と議会の力で、市長が動きました。

 

工事費の予算は未定

   宮本市長の決断が遅れたため、エアコン設置の工事費の補正予算は、9月議会に間に合いませんでした。来年の6月末までに設置するためには、工事費を今年中に決定しないと間に合いません。

   日本共産党は、子どもたちの人権といのちを守るために、臨時議会を開催してでも補正予算を決め、スピード感を持ってエアコン設置を進めるよう市長と教育長に強く求めていきます。

 

小中学校のエアコン設置の陳情可決

  • 2018.08.24 Friday
  • 02:43

 

習志野市教育委員会会議で

 

   小中学校のエアコン設置の陳情を

      

      継続審議することが全員賛成で可決

 

8月22日の習志野市教育委員会会議では、新日本婦人の会が提出した

「小中学校の普通教室すべてにエアコンの設置を求める陳情書」

(下記参照)が、継続審議をすることを全員一致で可決しました。

 

 

 

 

                           2018年 8月 10日

 

習志野市教育委員会

委員長 梓澤キヨ子様

 

                       新日本婦人の会 習志野支部 

                          支部長 角田 由利子

                          住所 習志野市

  

  小中学校の普通教室すべてにエアコンの設置を求める陳情書

                 

 毎年のように気温が上昇してきていますが、今年も県内各地で連日猛暑日や

真夏日を記録しています。安全なはずの学校で子供たちが、各地で熱中症を発生

しています。愛知県では、小学1年生の男児が校外学習からエアコンのない教室

に戻った後に死亡しています。まさに命にかかわる緊急事態です。習志野市立

小中学校の普通教室にはエアコンがなく扇風機が常設されていますが限界です。

保護者は不安で、毎日「体調を崩しませんように」と祈りながら学校に送り出し

ています。

 県内54市町村のエアコン設置状況は、船橋市、松戸市、我孫子市、鎌ヶ谷市、

浦安市、市川市、成田市、四街道市、野田市、柏市など20市町村が100%、

流山市でも90%以上設置済みです。八千代市は、普通教室のエアコン設置に向け

て、調査・検討をしています。千葉市は、学校教育審議会において「エアコンに

関する調査」を実施しています。

 

 習志野市でも子どもたちの命を守り、安心・安全な学習環境を整え学習に集中

できるように、小中学校の普通教室すべてにエアコンの設置を強く求めます。

 尚、エアコン設置について至急討議・検討をはじめることと、当面リースの

エアコンや冷風機の設置や扇風機を増やすなどの緊急対応策をとることも強く

要望いたします。

 つきましては,教育委員会会議においてエアコン設置について討議していただき、

実現するように検討をお願い致します。

 

                記

< 陳情事項 > 

1 習志野市内の市立小中学校の普通教室すべてにエアコンの設置を求めます。

2 エアコン設置までの間、緊急対応策をとることを求めます。 

 

 

 

 6月議会で新日本婦人の会から提出された請願

「 小中学校の普通教室すべてにエアコンの設置を求める請願」

は、5会派の12名が賛成

 

≪ 反対した議員と会派 ≫

真政会 : 佐々木秀一 ・宮本博之 ・伊藤寛 ・荒木和幸 ・鮎川由美

公明党 : 真船和子 ・布施孝一 ・清水晴一 ・木村孝浩 ・小川利枝子

元気な習志野をつくる会 : 関根洋幸 ・加瀬敏男 ・帯包文雄 

輝く習志野をつくる会 : 関桂次 ・清水大輔 ・飯生喜正 ・相原和幸

(敬称省略)   以上17名

 

小中学校の普通教室へのエアコン設置を緊急に検討を!

  • 2018.08.14 Tuesday
  • 02:23

 

日本共産党習志野市議団は、命にかかわる熱中症対策が急がれることから、

8月2日に市長と教育委員会に、小中学校の普通教室へのエアコン設置を

求める緊急要請(下記)を提出しました。

                          2018年82

習志野市教育委員会

委員長 梓澤キヨ子様

教育長 植松榮人様

 

                                           日本共産党習志野市議団

                          荒原ちえみ

                                                    入沢俊行

                                                    谷岡隆

 

   小中学校の普通教室へのエアコン設置を求める緊急要請

 

 例年にない異常な猛暑が続き、愛知県では小学1年生が熱中症で死亡する

事故が発生し、全国的にもエアコンの設置が求められています。

 学校は子どもたちが過ごす時間が長く、「学校で熱中症にならないか心配」

の声が保護者や教員から寄せられています。

 千葉県の公立小中学校普通教室のエアコン設置率は、全国平均49.6%

より低く、44.5%と関東1都6県の中で最も低くなっています。(20

18年7月21日 毎日新聞)

 習志野市では、教室で熱中症にかかった生徒が、2013年度と2014

年度に1名ずついました。昨年は、習志野市の小中学校で温度測定をした結果、7月

はほとんどの学校で連日28度を超え、9月も28度を超える日が続きました。

 文部科学省は「学校環境衛生基準」を改正し、今年の4月から教室の望ま

しい温度を「17度以上、28度以下」に見直しました。

 熱中症を防止するためのエアコン設置は、緊急課題のため、下記の事項を

求めます。

 

                記

 

 

  要請項目

     小中学校の普通教室へのエアコン設置を直ちに検討すること。

 

     

   


              

                       2018年82

 

習志野市長 宮本泰介様

 

                                          日本共産党習志野市議団

                          荒原ちえみ

                                                   入沢俊行

                                                   谷岡隆

 

   小中学校の普通教室へのエアコン設置を求める緊急要請

 

 例年にない異常な猛暑が続き、愛知県では小学1年生が熱中症で死亡する

事故が発生し、全国的にもエアコンの設置が求められています。

 学校は子どもたちが過ごす時間が長く、「学校で熱中症にならないか心配」

との声が保護者や教員から寄せられています。

 千葉県の公立小中学校普通教室のエアコン設置率は、全国平均49.6%

より低く、44.5%と関東1都6県の中で最も低くなっています。(20

18年7月21日 毎日新聞)

 習志野市では、教室で熱中症にかかった生徒が、2013年度と2014

年度に1名ずついました。昨年は、習志野市の小中学校で温度測定をした結果、

7月はほとんどの学校で連日28度を超え、9月も28度を超える日が続き

ました。

 文部科学省は「学校環境衛生基準」を改正し、今年の4月から教室の望ま

しい温度を「17度以上、28度以下」に見直しました。

 熱中症を防止するためのエアコン設置は、緊急課題のため、下記の事項を

求めます。

 

                

 

 要請項目

     小中学校の普通教室へのエアコン設置を直ちに検討すること。

 

2018年6月議会報告

  • 2018.07.29 Sunday
  • 04:45

 

小中学校にエアコンの設置を!

 

設置を求める請願 どうして否決なの? 

 

   6月議会に、新日本婦人の会が「小中学校の普通教室すべてエアコンの設置

を求める請願」を提出しました。

  請願は、環境の変化によって毎年気温の上昇がみられるため、子ども達が学校

で過ごす時間の多くが教室であることから、普通教室にエアコン設置を求める

ものです。

  今年の4月から、文部科学省は「学校環境衛生基準」を改正し、教室の望ましい

温度を「17度以上、28度以下」に見直しました。昨年、習志野市の小中学校

で温度測定をした結果、7月は、ほとんどの学校で連日28度を超えました。

9月も28度を超える日が続きました。教室で熱中症にかかった生徒が、

2013・2014年度に1名ずついました。

   しかし、教育長は「すべての普通教室にエアコンを設置する計画はありません」

と言っています。

 

みんなの声を聴いて!

 

  子ども達は「暑いよ!扇風機の風来ないよ。クーラーのあるパソコン教室で勉強

したいよ!」と叫んでいます。

 先生は「外で体操をして教室に入ると子ども達の熱気で、教室中の暑さが半端ない」

「扇風機も教室内に温風を回しているありさまで、子ども達の健康が心配です」

話しています。

   保護者は「子どもが、いつも 学校からぐったりして帰ってきます」と言って

います。

 

近隣市はどうなっているの?

 

 近隣市は、浦安市、市川市、船橋市、松戸市、柏市、成田市などが普通教室への

エアコンの設置を完了しています。八千代市は、普通教室のエアコン設置に向けて、

調査・検討しています。千葉市は、学校教育審議会で検討しています。

 

教育委員会は、

今こそ前向きな検討を!

 

   教育委員会は、今まで頑なに検討する意思を示しませんでしたが、6月議会で

「第2期の学校施設再生計画の学校環境における課題の一つとして考えている」

と答弁しました。

   日本共産党は、今からでもエアコン設置の課題についての検討を始めることを

強く求めました。

 

請願は12対17で否決

   市議会では、日本共産党を代表して荒原議員が賛成討論しました。賛成は、

日本共産党、民意と歩む会、環境みらい、新社会党・無所属の会、都市政策研究

会の5会派12名でした。

   ところが、市長与党が反対し、12対17で否決されました。

   反対した議員は、子ども達の叫びをきちんと受け止めるべきです。

  日本共産党は、エアコン設置に向けてこれからも頑張ります。